土鍋で食べる天下一品ラーメンは・・・

スポンサーリンク

最近、なんだかやたらと天一が食べたくなり、おととい天下一品明石台店に行ってきました。

店に着いたのは15時20分ごろ。
店内はガラガラで、よく食べている天一普通サイズ(850円)を食券機で買いました。
で、いつもなら後は店員さんに食券を渡して待つだけなのですが・・・。
この日は妙にこの店で提供されている土鍋が気になっていました。
頼むと丼ではなく、土鍋に入った状態で持ってきてくれるのです。

ちなみに土鍋に入った天一を食べたことは、20年ほど前に数回あります。
以前よく行っていたお店がある時期から、丼から土鍋に変更して提供していたのです。
ただ、これはけっこう不評だったことを覚えています。
それというのも、土鍋にすると丼より見た目の量が減ったように見えるから。
後に店に「土鍋のスープの量は丼とまったく一緒です」という案内が証拠画像と共に貼られているのを見て、「ああ、けっこう文句を言う人がいたのかなぁ」なんてことを思いましたし、そんなにわざわざやるサービスでもないのかなと思いました。
熱々なのを提供したいにしろ、丼で充分というか。

ただ、そのときから20年。
実際の土鍋がどんなものだったかまったく思い出せません。
どれぐらい熱かったのかとか、食べやすさとかの記憶がないのです。
で、頼めば無料で土鍋にしてくれるこの店。
20年ぶりに土鍋で注文してみました。

そしてきたのがこちら。

すげえグツグツいっているので、けっこうビックリしました。
自分が想像していたよりも激しいグツグツ度。

で、ミニ丼とレンゲが付いてきたのですが、最初は「別にいらないよな」と思いました。
確かにグツグツは言っているのですが、少し経つとグツグツも収まり、直に土鍋から啜れそうに見えたのです。
もちろんバカの俺でも、一口目から直には啜りません(笑。
一口目はせっかく持ってきてくれたこともあり、ミニ丼に麺を移して食べました。
するとまぁ熱々ではあるものの、火傷する感じもなくいけたので、次は直に土鍋から麺を持ち上げて食べようとすると・・・これが尋常じゃない熱さ。
濃厚なスープのため、グツグツが収まってもスープの中や麺は激熱のままなのです。
直になんか食える代物ではないため、ミニ丼とレンゲが添えられていることを理解しました。

この後はミニ丼に麺を移したり、スープを冷ましながらチビチビと食べていきました。
味としては煮ていることもあってか、丼で食べるものよりも若干味が濃くなっているように感じます。
それと本当に最後まで熱々状態が楽しめます。
だからそういうのが好きな人は土鍋で頼んだ方がいいのかもしれません。

ただ・・・。
なんか俺は食べている途中で、妙におかしくなってきました。
ガラガラの店内で一人土鍋からミニ丼に麺を移して食べていると、「なにやってんだろ・・・俺」という感じがあり・・・。
ラーメンを食べるのに余計な一手間というか、どこか上品そうに食っているように見えるのがちょっと馬鹿らしく思えてきたのです。
このときの俺を傍から見ると、暇そうなおっさんが土鍋でなにラーメン食ってんだよ的な(笑。
まぁ誰にも迷惑をかけているわけでもないからいいとは思います。
ただ、混雑しているときに土鍋からこんな食い方をしていたら、なかなかのものがあるように思いました。
食べ方もそうですが、時間も丼で食べるよりは間違いなくかかるので。

というわけで、よほど「マグマのような熱々の天一が食いたい」とか「最後まで熱々じゃないと許せない」という方以外は、別に土鍋にしなくていいと思います。
丼でも充分に熱いですし、そのままズルズル啜れてスープも飲めますから。
ま、一度試してみて自分はスッキリしました。
土鍋での天一に興味のある方は、やってみてもいいかと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました