6年間のGoogle AdSenseで得られた収益は・・・

スポンサーリンク

きょうはGoogle AdSenseをやった方がいいかどうかという話について。

俺がGoogle AdSenseを初めて、もう間もなくで6年経とうとしています。
おかげさまで中古の軽自動車が買えるぐらいの収益が貯まりました。

 

 

6年という年数を考えれば少ないと思う方もいるかもしれません。
しかし、俺自身としては、自分の能力を考えればよくやった方だと思います。
また、もしやっていなかったらこれらの収益がなかったと考えると、Google AdSenseを始めたのは正解だったいえるでしょう。

正直、6年前に始めるときはこんなことを考えていました。
「広告がウザい」
「どうせたいして稼げない」
「面倒くさそう」
なので、やらなくてもいいと思ったのですよ、根っからの面倒くさがり野郎なもんで(苦笑。

でも、そこを乗り越えてやってみました。
すると、やってみて勉強になった事もありますし、少しずつながらも確実に収益が得られるのは心の励みになりました。
ちなみにこのぐらいの収益があったとしても、毎月のネット代とかを考えれば大赤字です。
まったく儲かっているとはいえません。
しかし、やらなかったらこのウン十万円の収益もなかったわけで・・・。
これって俺のような実績を残してこれない人間からしたら、わずかながらでも自信になりました。
他人と比べたら微々たるものでも、俺にとっては大きいことなのです。

で、このGoogle AdSense。
記事をクリックする度に広告が出たり、記事内に複数の広告が出たりするので、ウザがる方も多いでしょう。
中にはそれがイヤで見にこなくなる方もいると思っています。
ただですね、6年AdSenseをやった俺が思うに、もしそれで来なくなったら、最初からそのブログには人を引きつける魅力がなかったのだと思います。
広告の有無の問題ではなくて、根本的にブログがつまらなかったと。

例えばこのブログでも、関連記事をクリックしたりしたら、その記事に移行する前に広告がポンと表示されると思います。
それは広告の左上に×マークがあるような感じで、それを消せば目的の記事が読める感じのもの。
で、もしそれすらイヤでそこでこのブログから離れるような方がいた場合、俺はこのブログにそうさせるだけの魅力がなかったのだと考えます。
広告を消してまで読みたいような記事じゃなかったのだと。
とうか、仮に広告がなかったにしろ、次の記事をパッと読まれたらすぐに別なサイトに移動される程度のものだったと思います。

だから俺は広告の有無はさほどブログをやっていく上で問題にならないと思っています。
むろん、ウザいと思っている方もいるとは思います。
ただ、6年ぐらい前に比べたら、たくさん広告が貼られていることに見ている側も慣れてきたのではないでしょうか。
ヤバいサイトだと消しても消しても画面に広告が表示されるようなものがあり、さすがにアレはアウトだと思いますが(笑、ああいうのでなければ今はセーフなんじゃないかと。

というわけで、Google AdSenseを貼れるなら貼っておくに超したことはないと思います。
今後ますます収益化するのは難しくなるかもしれませんが、それでもいつか8,000円貯まって収益化できたら、その1回だけでも充分にやった意味はあるのではないでしょうか。
それをやってなかったら、何も手に入っていなかったわけですから。
何かしらの強い意志で「やらない」というのなら止めませんが、昔の俺のように「面倒くさい」だの言ってやらないのはよくないです。
こんなブログでもGoogle AdSenseは出来るのですから、やれる人はやってみるべきだと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

  1. eropy より:

    初めてコメントさせていただきます。
    私もあまり読まれていないブログではありますが、ようやく8,000円に到達して振り込まれた時は感動しました!
    無いよりはあった方が嬉しい収益ですね☺️

    • kanimiso より:

      >eropyさん

      なかなか8,000円に到達するのも難しいだけに、8,000円になって振り込まれたときは嬉しいですよね。
      だからやれるならやった方がいいと思う次第です。

      コメントありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました