新型コロナウイルスのワクチン接種1回目を受けました

スポンサーリンク

糖尿病という持病があるため、一般の若い人よりも早めにワクチン摂取券が送られてきた俺。
すぐに予約し、おととい金曜日の15時ごろ、新型コロナウイルスのワクチン1回目を打ってきました。

打つ前はけっこう憂鬱でした。
ひどい副反応が出て死んだらどうしようとか考えて。
とはいえ最終的には落ち着きました。
死んで周りに迷惑をかけるような立場でもないため(笑。
だから死んだらそれが天命だと諦めることにして打ちにいきました。

当日。
予約していたこともあり、特に待たされることもなく診察室に通されお医者さんから説明が。
まず最初に説明されたのは「打った後はほとんどの人が痛みを感じる」ということ。
ただし痛みはピンからキリ。
わずかの痛みしか感じない人もいれば、腕が上がらないほど痛くなる人もいるとのことでした。

次の注意点としては、翌日に具合が悪くなったり熱が上がったりする場合があるとのこと。
翌日に予定を控えていた俺としては、これはけっこうな不安に駆られました。
ただ、こればかりは打ってみないと分からないし、もしそうなっても解熱剤とか飲んでもいいそうなので、そこら辺を覚悟してサッと打ってもらいました。
ちなみに注射自体はまったく痛くなかったです。
もうちょっと痛い注射かと想像していただけに拍子抜けでした。

打った後は副反応が出ないか確認するため、15分ほど待合室で待機。
この時点でも体調が悪くならないか不安でした。
というか、俺の場合、糖尿病を抱えていることもあり、常に微妙に調子が悪いような状態。
そのため気の病で簡単に具合が悪くなったりします(笑。
だからこのときも「あ、ちょっと具合が悪くなってきたかも」なんてことを考えながら過ごしていました。

15分後。
目眩がするようなこともなく、大きな体調の変化はなし。
看護師さんに確認され、後は2回目の摂取についての説明を受けて、クリニックを後にしました。

そして夜。
気のせいかと思いましたが、時間が経過するにつれ、想像していた以上に肩の痛みが増してきました。
とはいえ、軽い筋肉痛レベルで日常生活に支障はありません。
痛かったのは肩より上に腕を上げる、肩を下にして寝るとか。
もう腕がまったく上がらない、痛みで寝られないとかはなかったです。

それと念のためこの日のお酒はやめておきました。
注意書きを見ても「お酒を飲んではいけない」はなかったように見えたのですが、まぁ飲んで具合が悪くなったらアホすぎるかなと。
ちなみに翌日は飲みました(笑。

で、現在ですが・・・。
特に具合が悪くなったりもしませんし、熱も平熱。
肩の痛みもだいぶ和らいで、普段通りの生活を送れています。
どうやらまた生き残ってしまったようです(笑。

というわけで、結局は個人差があるので何とも言えませんが、そんなにメチャクチャ恐れるものでもないと思ったワクチン接種。
次は3週間後なので、また打ったら感想を書きます。
世間の声を見る限り、2回目は副反応が強くてだるくなったりするようなので、そこら辺は警戒しておこうと思います。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました