その話は信じられない

スポンサーリンク

近年。
車で幼稚園への送り迎えをした父親や祖母が子どもを降ろし忘れて、数時間後に熱中症で亡くなってしまうニュースを目にしたことがあります。
これに対しネットでは「あり得ない」などの声を多く目にしましたが、中には「ADHDなどの障害により忘れてしまうことがある」や「他の事に集中しすぎて忘れてしまうこともある」という意見もありました。
だからこういうのも充分にあり得ることだと俺は知ったのですが・・・。
これに対しては正直「あり得ない」というのが率直な感想。

「こんなずさんな保育…あり得ない」祖母が胸中語る 送迎バスに約9時間 取り残され死亡した5歳男児…園長の説明は【福岡発

最初は7人乗っていたと聞いていたのですが、この記事を見るかぎりでは3人。
ハイエースの大きさを考えたら7人でも見落とすことは考えづらかったのですが、それが3人となると・・・。
降車確認をするしないの話ではなく、降ろし忘れることってまずないような気がします。
だって3人ですよ。
俺でも3人だと分かっていて乗せたなら、忘れない自信があります。
送迎の運転手であれば。
それが仕事ですし。

仮にそのうちの1人が泣いていて降ろすのに手間取ったとしても、3人ならよほどのトラブルでも起きない限りはそのまま車に残してカギを閉めるなんてことは、まずあり得ないといっていいんじゃないでしょうか。
そもそも保育園だと子どもが泣くなんて日常茶飯事なはず。
その上で園長という責任ある立場で送迎を担当しているなら尚更。

と、これらのことを踏まえると、やはりどうしても何らかの理由で故意に車に残したような気がしてなりません。
推測でこういうことを言うのも良くないことは分かっています。
ただ、俺の経験上、例えば「罰を与える形で10分ほど閉じ込めるつもりだった」→「その後に他の業務をしていたら降ろすのを忘れた」なら充分にあり得るように思うのです。
たった3人を降ろし忘れるよりは、こっちの方が現実味があります。
というか、これだったら本当に最悪すぎますけどね。
この暑さの中、もし罰を与えるとはいえ、車の中に置き去りにするのはまともな神経とは思えません。
大人でも外に30分も居て、ペットボトルの1本でも持っていなければ命の危険を感じるような暑さなのですから。
せめて安全が確保されている園内に入れるべきじゃないかと。

それととにかく気になるのが、事故後の園長の対応。
園児1人の命が失われるという取り返しの付かないことをしたわけですから、通常であれば園長の職を辞するのが筋だと思うのですが、保護者説明会では「園長は続けます」と言っていたとのこと。
送迎を担当していたのも園長なのに・・・。
責任者としての姿勢に激しく疑問を覚えます。

それと俺が感じるのは、車の中に故意に閉じ込めていたことが発覚すれば、これは殺人罪になるから、それを免れるために不注意で押し通そうとしているんじゃないかということ。
「業務上過失致死傷罪」なら殺人罪より罪は軽くなります。
もし弁護士とかからすでにアドバイスを受けているのであれば、これでとにかく逃げ切るつもりなんじゃいかと。
明確な証拠や他の保育士からの証言でもなければ、悔しいですが「不注意でした」と言い張られれば、どうしようもないですしね。

この事件に関して願うのは真相が明らかになること。
本当にどういう経緯でこんな悲惨な事故が起きてしまったのか、今後二度と同じような事件が起きないためにも徹底した真相究明が求められます。
とはいえ、もし園長が逮捕されたところで、亡くなった子の命は戻ってはきません。
このことを思うと、ご家族の無念は余りあります。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました