コロナワクチン2回目を打ってみたところ・・・

スポンサーリンク

おとといの金曜日の15時ごろ。
コロナワクチンの2回目を打ってきました。
(ファイザー社製)

ここ2週間の間。
2回目のワクチン接種をする前に気になったのが、ネットでやたらと目にした2回目の副反応の感想。
「とんでもなく熱が出た」
「頭が割れるように痛い」
「具合が悪くて食事が出来なかった」
等々の感想を芸能人の方々が言っていたので、かなり不安に駆られました。
1回目はなんでもなかった人でも、2回目は強い副反応が出ると言われれば、どうしたって怖くはなるわけで。

で、自分が打ってもらったのはかかりつけ医の所だったのですが、毎月の糖尿病の診察のとき、看護師さんたちから「念のために解熱剤も持っておいた方がいい」とのことだったので、その日に処方してもらいました。
なんでもワクチン接種当日は薬は出せないということ。
だから事前にもらっておき、当日に備えていました。

ワクチン接種当日。
前回同様、お医者さんから説明を受けてワクチンを打ってもらいました。
そして待合室にて15分待機。
特に体調になかったので、クリニックを後にし、帰りに吉野家へ。
牛焼肉丼の大盛りをテイクアウトで買ってきました。

家に帰った後はすぐに牛焼肉丼を食べます。
体調が悪くなる前にしっかり栄養補給をして、後は備えておこうと思ったのです。
食後に無糖の紅茶やコーヒーをたらふく飲んだ上で、枕元には3リットルの水を用意。
そして解熱剤もあるので、これで「何かあっても大丈夫」と待ち構えていました。
まぁ死んだところで別に問題もないのですが(笑。

5時間後。
熱やだるさがくることを警戒していましたが、体調にまったく変化はなし。
食欲は旺盛で、タマゴサンドを作って食べました。

1回目と同様、ワクチンを打った肩は痛くなってきましたが、1回目よりは軽い痛み。
前回は肩を下にして寝られませんでしたが、今回はそれも可能なぐらい。

ま、このあたりではちょっと大量の汗が出始めたので、一瞬「気が付かないが発熱している?」と感じて念のため熱を測ることに。
しかし結果は普段通りの36度5分。
相変わらず俺の感覚は当てになりません(笑。

結局この日は深夜2時頃までゲームをしながら起きていました。
ただお酒は一滴も飲みませんでした。
飲んで具合が悪くなったら洒落にもなりませんしね。
そしてこの後は熱が出ることを警戒しながら床につきました。

翌日。
酒を飲んでいないこともあり、体はすこぶる快調。
熱やだるさもなく、体に特に変化は見られません。
でも念のため、24時間過ぎるまでは様子を見ることに。

そして摂取してから丸1日が経過。
この時点でも何もなかったので、お酒を飲みました。
んで深夜に就寝。

今日。
先ほど起きて今この記事を書いていますが、相変わらず体調に変わりはありません。
酒を飲んだことで多少は変化は出ることも想定していたのですが、それもなし。
というわけで俺は副反応がまったく出ないタイプだったようです。

ちなみに俺の母も俺より先にワクチン2回目を打っていたのですが、まったく副反応はありませんでした。
どうやら本当に「人による」のが2回目の副反応のようです。

まぁこればかりは実際に打ってみなければ分からないもの。
だから備えておくに超したことはないと思います。
過度に怖がるのもあれですが、まったく警戒しないのもいざという時にまずいかと。
特に一人暮らしの人は。
水分補給や解熱剤などを枕元に備えておけば、もし具合が悪くなっても凌げると思いますので、面倒くさがらずに準備することをお勧めします。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました