キーボードのキータッチの重要性に気づく

スポンサーリンク

蔵王にてノートパソコンでブログの更新作業をするために、数年前からそのためのワイヤレスキーボードを置いています。
ノートパソコンにもキーボードはついていますが、デスクトップパソコンに慣れきっている俺としては非常に打ちづらくてダメなのです。
なので万が一にも忘れるとそれだけで詰みなので、持ち歩かずに常に向こうに置いたままにしていました。

そしてこの前。
2年ぶりぐらいにそのワイヤレスキーボードを使って作業をしてみると・・・。
数分後、とんでもなくスムーズに打てることに気づきました。
自宅よりも慣れない環境にも関わらず、滑らかにタイピングが進む。
「あれ?なんでだろう」とその間隔を不思議に思っていると、自宅では前にパソコンを買った時に付いてきた有線のキーボードを使っていたからでした。
そのキーボードはキーが高く設定されていて、今の俺にとっては意外と打ちづらいものだったんですね。

このワイヤレスキーボード。
安いワリに打鍵感が良かったので、実は2つ買って自宅用と蔵王用で使っていました。
が、あるとき。
うっかりそのキーボードに水をこぼしてしまい、ボタンの1つが利かなくなったので仕方なく有線のキーボードを引っ張りだして使っていました。
でもその使い始めた当初は「ちょっと使いづらいな」程度で、どうしようもないほどではなかったのです。
しかしこれが・・・。
2年ぶりとなると、どれだけ古いキーボードが感覚的に打ちづらいかすぐに分かりました。
記事を書く作業というのはそれなりに時間がかかるため、ちょっとした負担が積み重なると大きいもので。
打ちやすいと気分も乗るだけに、これはすぐに買い換えが必要と判断。
再び後継機のワイヤレスキーボードを買いました。
更に初めてデスクトップパソコン用キーボードカバーを買いました。
今までは「どうせ汚れるし買い換えるし」と思っていたのですが、最近家がホコリっぽいためか異様にキーボードが汚れるため、ついでに買ってみました。

キーボードが1,710円。
キーボードカバーは408円。
今はこんなに安いキーボードカバーが売っているのですね。

で、キーボードカバーを付けて売ってみました。
最初は思いっきり違和感が。
ない方がいいかなと思って外す事も考えたのですが、これが意外や意外、使い続けてみるとすんなり慣れてきて・・・。
それと風呂上がりにパソコンを使っていて分かったのですが、髪や身体の水分を拭き取ったつもりでも、細かい水滴なんかはキーボードに落ちたりするもので。
「ああ、こういうのが積み重なってあんなにキーボードが汚くなるんだ」ということを知りました。

というわけで、長時間の作業をするなら、キーボード選びって大切なんだと今さらながらに知りました。
まぁとことん突き詰めればそれだけお金もかかるのでアレですが、安い中でいくつか試してしっくり来るのを見つけるのは必要かもしれません。
またキーボードカバーもあった方がいいですね。
キーボードの汚れも防げますし、いざというときの水分からキーボードを守ることも出来ます。
今回買ったキーボードは末永く使い続けたいと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました