法事の料理をどうするか悩んだ結果・・・

スポンサーリンク

先日法事があり、そのときの料理をどうするか母から相談が。

母は前回は近くの寿司店から寿司を取ったこともあり、今回は別なものにしようと提案。
ちょうどチラシとして入っていたある弁当屋さんの高級弁当(仕出し弁当)を頼んだらいいんじゃないかと言ってきました。
俺も確かに前回と同じでは芸がないと思い、その提案を了承。
試しに1回3人分買って食べてみることにしました。

弁当の予約はネットからで、一定の金額以上の注文の場合は無料配送。
ある日のお昼に家族で食べることにし、その日の昼、予定していた時間に弁当が届き家族で早速いただくことに。
値段は3,000円の高級弁当2個、2,000円の弁当1個で合計8,000円。
我が家にしては非常に高い昼食です。


(*イメージ画像)

で、見た目とかは超豪華なんですよ。
パンフレットの画像通りで、しっかりと作られています。
具だくさんで、いかにも法事のときなど限られたときに食べるようなお弁当。
家族3人とも「すごいねぇ、豪勢だねぇ」とか言いながら食べ進めていきました。

そして食べ終わるころ・・・。
弁当としてのクオリティは納得が出来ることもあり、母が「法事はこの弁当でいいかね」と言ってきたのですが・・・。
俺はこの瞬間に引っかかりました。
そしてよくよく考えてみて、母にこう言いました。
「いやいや、確かにうまいとは思うけど、3,000円払うなら寿司頼んだ方が良くない?」
と。

ちなみに前回頼んだお寿司は文句なしのおいしさでした。
そして値段を確認してみたら、上で2,800円ほど。
2,800円でいけるなら、わざわざ3,000円の高級弁当にする必要はないと思ったのです。
母はこの話に一瞬戸惑ったようですが、すぐに「そうだねぇ、たしかにねぇ」と同意してくれました。
けっきょく法事の料理は寿司にすることに。

そして先日の法事で、実際に寿司を食べてみたのですが・・・。
味的には寿司の圧勝でした。

高級弁当の味の記憶もしっかり残っていただけに、これはもう間違いのないことで母も弟も「寿司で正解だった」という結論に。
量的にも中年と年寄りにとってはベストと言って良い量でした。
おいしい寿司は歳をとってもいくらでも食えます(笑。

ま、高級弁当は高級弁当で利点はあると思います。
数十人分とかどこか遠い場所で食べる場合とか・・・。
後は残してもそのまま持ち帰ることが出来るので、決して悪いものではないのかもしれません。
ただ、出来たての料理を味わえるなら、それに勝るものはないと思いました。
もうしばらく法事はないですが、親戚などが来ておいしい料理を味わいたいときは、再び寿司を頼もうと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました