修理代が高すぎて絶望する

スポンサーリンク

前回のつづきです。

予想していたよりも遥かに高い修理代金に、かなり追いつめられた自分。
また、今年の11月に車検が控えてあることも悩みどころでした。
というのも、ここ数年の中で3回受けた車検の費用を確認してみると、1回につき12~15万円。
これを踏まえて今後車にかかる費用を計算していくと、足回りの修理費用20~30万円+車検12~15万で総額30~45万円コースになります。
2008年に6000キロほどの走行距離で中古車として買った自分の軽自動車。
現時点での走行距離は51000キロ。
これまで大きな事故は起こしていませんが、3年ほど前に左フロントタイヤを縁石に強くぶつけて部品交換をしたことがあります。
またボディには当てたりこすったりしていくつかの傷も。
乗っている年数に比べて走行距離はだいぶ少ない方だとは思いますが、これを30万~45万円をかけて修理する・・・・・・。
通勤に車が必要なことを考えると、これだったら思い切って安い軽自動車の新車を買った方がお得な気もします。
そのため、これまで車を買い替えた経験のある親に相談しようと思ったのです。
車検の件なども含めて、買い替えた方がいいのか修理して乗りつづけたほうがいいのかを。

家に戻り、茶の間に父と母がいたので車の現状を説明し、アドバイスをもらおうと考えました。
母は「う~ん、難しいところだねぇ・・・」と言った後、「あ、お父さんはどう思う?」と母よりは車に詳しい父に話を振りました。
すると父はまず「自動車保険の車両保険に入っていないのか?」などと聞いてきましたが、残念ながら自分は入っておらず。
あ、この点はディーラーでメカニックさんにも聞かれました。
このとき、はじめて自分は「ああ、こういうときの為に自動車保険の補償内容に車両保険があるんだ」と理解しました(苦笑。
これまでこういう事故を起こしたことがなかったら、「保険料金が安くなるよう、車両保険はいらないや」なんて考えていましたが・・・後の祭りですね。

 

 

で、この後に父が乗り換えるべきか修理するべきかのアドバイスをくれると思っていたのですが・・・思うところがあったのか父は説教モードに。

「親は先に死ぬからいつまでも頼れない」
「無計画だからこういう事態になる」
などと、正論ながらも説教をはじめました。
これを聞いた自分は「ん?」と思いながらも血の気がサーッと引くような静かな怒りが。
というのも、こちらは別に「新車買ってくれ」や「修理代金を出してくれ」なんて言っているわけではなく、単に経験豊富な父からアドバイスを聞きたかっただけ。
今回のようなケースの場合はどうした方がいいのかを。
それを聞いた上でどうするか考えたかったのにいきなり説教が始まったので、上記のことを言われてからすぐに
「あ、分かった、後は自分で考えるわ」
と言って席を立ちました。
父としてはまだ言いたいことはあったようですが、こちらも父に何らかの要求をしたわけではないので、自分がこう言ったら話は終わり。
後は部屋に戻ってしばらく1人で考えましたが・・・この日結論は出ませんでした。
とにかくいきなり自分には大きすぎる出費が発生して、どうしていいか分からないというか。

翌日。
いくらか心も落ち着き、対策を考えました。
まずはネットを使い、新車でも安い軽自動車探し。
その結果、スズキのアルトなら新車でも各種費用を合わせて107万円くらいで買えることを知りました。
自分にとってはとんでもなく高いですが、現在の車を30~45万円かけて直すことを考えたら十分に「アリ」な選択です。
新車ですから安全に乗れますし、次の車検まで3年。
それとこれなら納車のタイミングを見計らえばいいですから、代車も不要。
以前より車を頻繁に使うことを踏まえたら、かなり悪くない選択だと思いました。

で、この日。
母に会うと今回の件についての話が。
そうすると母も「新車に買い替えた方がいいんじゃない」ということでした。
考えは自分とほとんど一緒。
修理費用や現在の車を乗っている年数を考えれば、先々のことを考えればこの機会に買うのもいいのではないかと。
そのため自分としては「新車を買うか」という方向に気持ちが傾きましたが、冷静に考えれば自分の場合、一度買ったら最低でも今後10年くらいは乗ることになります。
それと「最後に持つ車」になる可能性も大。
だから焦らずもう2~3日、よく考えてみることにしました。
「後であっちの車買っておけば良かった」なんてなったら泣くに泣けませんから。

シリーズの次回に続く

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました