ネコババをしない人間にはなれた

スポンサーリンク

(*以前の記事を引っ越しました)

ついさっき、セブンイレブンでお買い物。

パパッと買うものを決めてレジへ。
レジにいたバイトの子は初々しい女子高生でした。
おっさんである自分にはない「清らかな」オーラがあります。
そして声がやる気に満ちています。
あ、女の子だからいいというわけではないですよ(笑。
真面目に頑張っているなら男の子でも心の中で「頑張れ」といつも応援しています。
ま、読んでいる皆様は「お前が頑張れ」と思うのでしょうが(苦笑。

で、ピッピッと会計して金額は1,177円。
自分は1,207円を出しました。
女の子は「せんひゃく・・・?あ、せんにひゃくなな円からお預かりします」
といいながらレジに打ち込む作業をすると「ピーッ」とエラー音が。
でもすぐに打ち直してお釣りを取り出してきました。
自分は当然30円のおつりがもらえると思っていましたが、その子が渡そうとしているお釣りを見てみると、
1,030円。
一瞬、固まりました。
そんな自分の反応をみて「え!?」と女の子も固まります(笑。

すぐに自分が「1000円余計」と言うと、女の子は「ああ、間違えちゃった」と言いながら30円とレシートを渡してきました。
たぶんですが、レジの操作を誤ってエラー音が鳴った瞬間、傍目からは普通でしたが、その子の心の中はひどく動揺していたのでしょう。
それで「急いで渡さなきゃ!」と焦って、自分が渡した1000円札も一緒に取ってしまい、1,030円を渡してきたということかなと思います。
自分もコンビニ時代、同じことをやらかしたから分かります。
ただ、自分の場合はお客さんにそのまま持っていかれました。
かわいくなかったから仕方ないですね(笑。

きょう会ったこの女の子の姿に、20年前初めてバイトしたころのことを思い出した自分。
あのころ、自分が思い描いていた40歳の姿とはかけ離れてはいますが、お釣りをそのまま持っていくような人間なっていないことだけは少しはマシかなと、ふとそんなことを思いました。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました