見ず知らずの小学生から・・・

スポンサーリンク

おとといの月曜日の朝。
弟の病院の送迎に使うために、前夜からの雪が積もった車の除雪作業をしていると、道路を歩いていた小学生と遭遇。
ふと道路の方に目をやると近くに居て、一瞬ビビってしまいました。
「うお!誰だ」と身構えてしまったのです。

見てみると面識のまったくない小学生。
で、こういうシチュエーションはたまにあります。
どちらかと言えば下校時間に目にすることが多いのですが、お互いに面識もないわけですから、基本はスルーです。
俺の家の前を歩いているといったって、近所の子とは限りませんから。
だからこのときもビビったものの、この子も素通りしていくんだろうなと思いつつ除雪作業を再び始めると・・・。
なんとその子の方から「おはようございます」と挨拶されました。
こんなことは初めてなだけにビックリしましたが、こちらも「おはようございます」と返しました。

んでですね。
正直、いまどきの小学生は立派なんだと思いましたよ。
見ず知らずのおっさんにでも挨拶するのかと。
面識もないのですから、しなくても怒られることもないと思うので、するだけで立派だと思うのです。

が、ここでもう一つ俺によぎったのは、
「俺が知らないだけでご近所の子供なのかもしれん」
ということ。
というのも、俺の近所には俺と同年代とその家族がいても不思議はないのです。
俺のような状況で実家暮らしをしているのではないと思いますが(苦笑、まぁそういう人たちの事を考えたら数十人規模になります。
だから俺が知らないだけで、ご近所の子なのかと。
そしてそのご家庭では、「ほら、あの3つ隣りのkanimisoさんは・・・」なんてちょっとウワサされていてもおかしくないのかなと。
「昼間からうろついている危なそうなおっさんだから気をつけるのよ」
とかね(笑。

ま、秋田から仙台に戻って11年。
この間にご近所の元同級生を見かけたことはあっても、会話をしたことは一切ありません。
少し離れた距離の同級生の一人と昼間にスーパーで会って話したことはありますが、それっきり。
まぁ、普通の人は昼間は働きに出ているので別に珍しい事じゃないですが(笑。

と、そんなわけで、礼儀正しい小学生から挨拶されたというお話でした。
良い話なのにこういう風にうがった見方をしてすいません。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました