麺屋 熊胆はおいしいラーメン屋さん

スポンサーリンク

2年ほど前から定期的に通っているラーメン屋さんがあります。
それは「麺屋 熊胆(ゆうたん)」
もの凄い頻度で通っているというわけではなく、数ヶ月に一遍のときもあれば、月2回ぐらい行くときもあるという感じです。

最初に熊胆さんを知ったのはテレビのラーメン特集。
元薬剤師の店主がやっているということで話題になっていたのですよ。
開店当初は担々麺が売りのお店でした。

で、俺は元薬剤師という肩書きに興味を持ち、ある時期からTwitterをフォローして日々見続けていました。
安定した仕事を辞めてラーメン屋をやるなんて凄いと思って。
ただ、この当時はそんなに「食べに行きたい」とまではいきませんでした。
というのも、お店に行ってまで食べるほど担々麺が好きというわけでもないから。
だからTwitterを眺めるだけでした。

しかし、ある日。
“つけ麺”やら“背脂煮干し醤油”なるラーメンが売り出されるように。
俺は背脂煮干し醤油が食べたくなり、ある日行ってみたのです。

そしてお目当ての背脂煮干し醤油を食べてみると・・・。
まぁおいしかったのですよ、普通に。
ただ、Twitterをずっと見続けていたせいか、俺の中で熊胆さんに対する期待値がかなり上がっていたようで、「そんなに期待していたほどでもなかったかなぁ」なんてことを食べた帰りに思いました。
これ、“Twitterあるある”のように思います(笑。

が、それから数時間後。
時間が経つと「また背脂煮干しを食べたいなぁ」と思うように。
なんというか、良い意味でのクセがあるのですよね。
これが1回行ったきりになる店とそうじゃない店の差だと思いました。
なんか食べたくなるのです。

と、そんなわけで、それからは定期的に通うように。
後にネットでこんな記事も見つけました。

元薬剤師のラーメン屋”麺屋 熊胆(ゆうたん)”、熊さん

開店当初にお客さんが来なくて大変だったり、従業員が集まらなくて苦労されたりしている話を聞くと、とにかく甘くない世界なんだなぁと。
どうりで数々のラーメン屋が消えていくわけですわ。

また1日13~20時間働いているなんて話を聞くと、俺のような人間は何とも申し訳ない気持ちにさせられます。
だからいつも感謝しながら頂いています。
「ありがたいなぁ」と。

ちなみにつけ麺もおいしいです。
一風変わった独特のつけ麺で味にパンチがあります。
それと俺がすきな背脂煮干し醤油は期間限定で、今年はとりあえず5月下旬で販売を終了しました。
寒くなると販売が再開されるラーメンなので、その日を楽しみにして今後も生きていきます(笑。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました