ワクチンを2回打った後の安心感はかなり大きかった

スポンサーリンク

この数日。
コロナウイルスワクチン2回目摂取の記事が少し多めに読まれています。
ここに来て若い人たちの間でも摂取が進んできたようなので、打った後にどうなるか興味のある人も多いのでしょう。
まぁ俺の場合は、副反応で苦しんでいないか期待して読んでいる方も多いと思いますが(笑。

んで、2回目のワクチン接種から2週間ほど経ちました。
その中で実感したのは、2回打ったことへの安心感。
重症化するリスクがかなり減ったことによる安心感は、かなりのものがあります。

むろん、打つ前は副反応に関する怖さは非常にありました。
自分だけに限らず、母が打つ時も不安になったものです。
極々低い確率ではあれ、ワクチン接種後に亡くなっている方もいます。
真剣に「なにかあったらどうしよう」と考えて不安に駆られました。
だから「打たない」という選択肢を選ぶ人がいるのも分かるのです。
未知の部分もあるというか、副反応のリスクを考えて打たないことを選ぶ人がいても、それは不思議じゃないと。

ただですね、自分で打ってみて感じたのは、繰り返しになりますが非常に安心感が出てきたということ。
この先、もし打たないで重症化するリスクに怯えながら過ごすのと、副反応を覚悟して2回打つ方のどちらが自分の中で精神的負担が大きいかと言ったら前者です。
重症化した場合の辛い体験談はネットでいくつか読ませてもらいました。
あれが自分の身に降りかかったら・・・と考えると、これまた不安はかなり強いものがあります。
その不安を抱えながら過ごすなら、2回打った今の状態の方が精神的にだいぶ楽だと感じました。
日々過ごす中で感じる妙な不安が大幅に減りました。

ということで、個人的には打てるなら打っといた方がいいのかなと。
そして打って不安感は減ったとしても、日常生活の中で引き続きしっかり感染対策をしていく。
それで何とか乗り越えていきたいと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました