冷凍餃子の進化に驚く

スポンサーリンク

日々、いくつかのスーパーを回って晩酌のつまみを買っていますが、だいたいどの店もから揚げ、かき揚げ、コロッケ、春巻き、とんかつ等のラインナップで似たような感じなので、さすがに飽きてきます。
となれば自分で野菜やら肉やらを買って作ればいいのですが、それはやはり面倒。

と、そんなわけで最近はなかなか“これだ!”と思えるようなおつまみに出会えず、どうにもしっくりきていなかったのですが・・・。
ここに来て見つけました。
それは冷凍餃子。

(今回買ったのは大阪王将の冷凍餃子)

これまでにも数回、冷凍餃子を買って食べたことはあります。
だから安くておいしく作れることは分かっていました。
ただ、不器用な俺はうまく焦げ目や羽根を付けることが出来なかったりして・・・。
それで妙に凹んだりしたのですよ。
“こんな簡単なことも出来ないのか”とか思わされたりして(笑。

だからしばらくは買ってなかったのですが・・・。
先日、税込で195円と安売りされていたので久々に買ってみました。
で、その日の晩のつまみとして早速作ってみたのですが・・・。
今の冷凍餃子は、水もフタもいらないのですね。
しかもそれで出来上がるまでの時間はたった5分。

で、作ってみると・・・。
羽根の部分がこんがりキツネ色になったら完成とのことで、見た目でハッキリ分かります。
そして出来上がったものがコチラ。

見事な羽根つき。
俺でも出来るのですから、フライパンに餃子を並べて火をつけられる人なら誰でも出来ます(笑。
ここまで簡単にしてくれたメーカーには感謝です。

そしてですねぇ。
これが食べてみるとちょうどいいのですよ。
サクッとして温かく食べやすいサイズでウマい。
一度に12個は俺には多いので半分の6個にしていますが、これが量的にも少なすぎず満足感も得られます。
値段で考えれば1食100円程度。
いや~これはいいおつまみです。

というわけで、マンネリ化してたおつまみのラインナップに光を差してくれた冷凍餃子。
今では家に常備して、買い物に行かなかったときなどに食べています。
日持ちもするから本当に便利。
あちこちの家庭で食べられて爆売れする理由が分かりました。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました