リスクは高くリターン低いとしか思えないコンビニ経営

スポンサーリンク

前回のつづきです。

セブンイレブンの24時間営業問題や、アチコチにコンビニが未だに乱立していることもあり、
改めてこんなことを考えずにはいられなかったのです。
「なんでこのご時世にコンビニの経営をやろうと思うのだろうか?」と。

まずそう思う大きな理由は、単純にコンビニが乱立しているから。
以前に書きましたが、今や「セブンイレブンVSセブンイレブン」も決して珍しくありません(笑。
ドミナント戦略はいいけど、それで笑いが止まらないのは本部のみ。
やっているオーナーたちはある意味、刀を持って毎日斬り合っているような状況だと思います。

で、これは別に店のことに詳しくなくても、普段生活していれば分かる気が。
新しいコンビニが出来ては潰れ別なお店になるのは、多くの人が何気なくでも目にしていると思います。
またコンビニの経営に大きなリスクがあることは、今のネット社会なら情報を掴むことは難しくありません。
探せばいくらでも悲惨な実体験を知ることが出来ます。
そもそも今から25年前ぐらいのネットが普及していない時代から、コンビニなんて、
「24時間営業で休みなくコマネズミのように働かされる」
なんて声を聞いたりしたものですし。
各チェーンのコンビニがバタバタ潰れているのを見るのは決して珍しくない上、その手の悪い噂も多々耳にすることもあるコンビニ経営。
たまにネット広告でも、「セブンイレブンやローソンのオーナーのなりませんか?」のを目にしますが・・・。
社会的肩書きがないフリーターの俺でも、やろうとは微塵も思いません。

というか、この前、24時間営業問題が噴出したときにワイドショーで一例として紹介されていたのですが、そこそこ経営がうまくいったとして、オーナーの年収は500~600万円だそうで(あくまでも一例)。
ま、これなら無くはないと思います。
自分がやるとしたら、毎日10時間労働の週1休みという条件ぐらいですかね。
体力が持つ自信はありませんが、まぁそれぐらいなら無能な自分がこれだけの金を稼ぐためにはやる価値があると思います。
が、これはあくまでもうまくいった場合の話。
実際には経営がうまくいっていない店の場合、ひどい時だとオーナー自ら1日18時間労働、そして5年間休みなしという状況とのこと。
それで年収は350~400万だそうで・・・。
人が集まらないときはその穴埋めをしないといけない。
何かトラブルがあったらその責任も負わなくてはいけない。
しかも24時間営業のため、家にいてもいつ呼び出されるか気が気がじゃない。
その上、契約期間は15年(笑。
これを踏まえると、仮に資金があって嫁がいたとしても、到底やる気は起きないのですよね。
こんなのに手を出すぐらいだったら、マジでどっかで食堂でもやった方が稼げると思うのです。
自分の味覚はそんなに狂ってない自信があるから(笑。
まぁそれを生業にして生活していけるかどうかは難しいかもしれませんが。

とまぁ、俺が考えただけでもメリットゼロのコンビニ経営。
最大手のセブンイレブンでさえやろうと思わないのですから、今のご時世に「オーナーになろう」と思って経営に手を出す人の気がしれません。
多岐にわたる業務をこなす大変さや、時給の低さゆえ従業員がなかなか集まらない現状。
本部や他チェーンが近くに次々と新しい店をオープンさせる現実。
長い間運営させていくことは非常に困難なのに、そのわりに見合わない収入。
・・・・・・。
うん、やはり旨味はまったくないですね(笑。

といっても、他人がコンビニ経営に手を出すのを止めるつもりは毛頭ありません。
ただ、短い期間ではなく長い期間やっていくことを考えると、熟慮に熟慮を重ねた上で決めるべきなのでしょうね。
この騒動の最初の本部の反応を見る限り、一度始まったら何があろうとも、本部は親身になって助けてくれることはなさそうですから・・・。
あ、ちなみにこの記事を書いていたら、ネット上の広告に「セブンイレブンのオーナー募集」の広告が表示されるなったのですが・・・。
オーナーの平均年齢は53.0歳とのこと。
53歳ぐらいから15年のコンビニ経営。
やはり自分なら絶対に手を出しません、たぶん身体を壊して終わるでしょうから(笑。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました