有吉さんの結婚に思うこと

スポンサーリンク

4月1日の夜に晩酌をしている時に知った有吉さんの結婚のニュース。
5年前の夏目さんとの熱愛報道を完全否定していたこともあり、かなり驚きました。
あのときは日刊スポーツが「間違いでした」と謝罪までしましたからね。
それが実は・・・。
いまとなっては「やっぱり付き合っていたんかい!」と突っ込まずにはいられません。

んで、俺のような人間の場合、有吉さんのように「金を持っているのに独身」の男性芸能人が結婚すると、けっこう胸に来るものがあります。
「あ・・・○○さんも結婚しちゃうんだ・・・・・・」みたいな寂しさが。
そねみと自分だけが取り残されている空しさが絡まったような感情。
これは有吉さんが結婚していないという事に、無意識ながら安心感を覚えていたからなのかもしれません。
「あの人ですら独身なのだから、俺が独身でも仕方ないと」(笑。

そんなわけで有吉さんの結婚を素直に祝う気にはなれませんでした。
まぁすでに多くの祝福の声が寄せられています。
だから「俺ぐらい有吉さんの不幸を願い憎しみ続けていってもいいよな」と、人として最低の事を考えていたのですが・・・。
先ほど、こちらの記事を見て考えが変わりました。

有吉弘行と夏目三久が電撃結婚 あの“誤報騒動”から5年、一体何があったのか

どこまでが事実なのかは分かりませんが、かなりの圧力があったのは事実でしょう。
5年前の時点で有吉さんはすでにそれなりの立場になっていたのに、それでも交際を反対されたりしてもみ消されたのだと思うと、本当に怖いことだと思います。
双方とも独身同士でしっかりと仕事をしているのに、お偉いさんの気持ち1つで付き合うことも許されないというは、あまりに酷。
普通なら心が折れると思います。

でも有吉さんはそれでも心が折れることなく、5年間しっかりと仕事を続けて結婚にこぎ着けた。
近年は多くのレギュラー番組を抱えているような芸能人でも、不祥事一発で簡単にクビが飛びます。
それを思うと、きっちり仕事をしながら極秘裏に愛を育んでいた有吉さんは、本当に凄いなと。
芸能界にいればキレイな女性もたくさんいて、それこそ誘惑も多いでしょうし。

というわけで、今は有吉さんに対するそねみや憎しみは消え、素直に祝福できます(笑。
2000年代の低迷していたころ、テレ朝の社食で猿岩石のヒッチハイク時代のコスプレをしていた有吉さんを見た時は、失礼ながら「これしか出来ないこの人は終わった」と本気で思いましたが・・・。
人間、諦めなければ何とかなるのかもしれません。
俺も有吉さんほど幸せにはなれないにしても、なんとか生きていこうと思います。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました