ここまで頭がおかしい人間を治すことは無理だと思う

スポンサーリンク

女子大生殺害、裁判長「無念さ計り知れない」…「更生の余地ある」と懲役20年判決

先日。
この事件について触れた後にこちらの記事を読みました。

片思いの「LINE地獄」拒んで49か所刺された女性が残した手紙

これを読むと、ますますこの男に同情の余地なしで「極刑しかない」と思いました。
自分勝手の極み。
被害者に落ち度がなく明確な殺意があったのだから、とにかく許していい人間ではないのです。

しかし、今回出た判決は懲役20年。
いやいや・・・あまりに軽すぎだと思いました。
被害者は19歳である日、一方的に人生を終了させられたわけです。
繰り返しになりますが、何一つ非がないのに。
それを踏まえればこの男の人生も、正直終わらせるのが妥当な気がします。
でもたった懲役20年。
41歳でまた世に出てくるというのは・・・。
病気にでもなっていなければ、まだまだ身体も動く年齢。
その気になれば人生を楽しむことも可能です。
被害者がそれを一切できなくなったことを思うと、あまりにもワリに合っていません。

というか、「若年であり更生の余地がある」ってなんですかね。
俺は大学生にもなってこの思考では、もう間違いなく無理だと思うのですが。
バイト先や自宅を調べ、道具を揃えて刺す練習をしてそれを実行した異常者ですよ。
相手から断られたら真っ先に殺すことしか考えないキ○ガイ。
しかも相手が将来幸せになることも絶対に許さないマンです。
こんなの、20年かけても治せるようなもんじゃないですよ。
というか、治せるようならこんな事件起こしていないって・・・。

と、そんな感じで、つくづく日本の法律は甘いし理不尽だと思いました。
これだとやったモン勝ちで、やられた方はひたすら泣き寝入りです。
検察にはぜひ控訴してほしいですね。
これはあまりに納得がいかない判決なので。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました