楽しんでいる人に厳しい現実を伝える必要はない

スポンサーリンク

巨人の育成選手が一般人の親子に突然暴言「野球なんかしてもつまんねえぞ」 球団は謝罪

育成選手として中々うまくいかず、やる気がなくなりクサっていたのかもしれませんが・・・。
冗談のつもりだったとはいえ、プロ野球選手がキャッチボールを楽しんでいる親子に言うことではありません。

俺もある程度の歳を重ねてから、グラウンドで野球少年団を見かけたりすると、
”ああ・・・この中のほとんどの子はプロにはなれないだろうな”
なんて思うことがあります。
若い頃にはそんなことは一切思いませんでしたが、大人になって現実を知るとこの手のうがった見方をしてしまうというか。
自分自身が夢破れた後なんかは、特にそういう目で見ていたような気がします。

でも、さすがにそれを口に出そうとは思いません。
こんなのは余計なお世話ですから。
というか、そんなことを伝えたら「なんだこのおっさん、氏ねや!」とブッ殺されます(笑。

そもそも誰もがプロを目指しているわけでもありません。
単純に楽しんでいるし、野球をやることで経験になるわけですから、そこに口を挟むのは無粋ってもの。
だから今回の件のように、キャッチボールしている親子にそんな言葉を投げかけるのは、まぁ無粋の極み。
子供の頃はあまり深く考えずにありとあらゆる事に挑戦して、少しでも可能性を探るべきだと思います。
歳を取れば、いつかは厳しい壁にぶちあたり現実を知るときが来るわけですから・・・。
この育成選手は猛省して、これをバネに気持ちを入れ替えて頑張ってほしいと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました