若者から搾取するような生き方はしたくないと思った

スポンサーリンク

「居場所なくなると思った」被害少女が取材応じる トー横ボランティア団体代表逮捕事件

おとといあたりからこのニュースを見ましたが、まぁ内容を聞くと手口がえげつないと思いました。
表向きは行き場のない若者にメシを振る舞って良い人ぶっているけど、裏では好みの女の子に手を出しまくっていたというのが・・・。
しかも話を聞くと、この手の少女たちは被害に遭っても面倒を恐れて警察にも相談しないとのこと。
こういうのを聞くと、「そこら辺も計算してやっていたんだなぁ」と。
めちゃくちゃ悪い大人のやり口です。

それにしても・・・。
これがそういうことを一切せず、若者たちのために活動していたなら、本当に立派としかいいようがなかっただけに残念すぎます。
まぁこういうのってやるなら最初から“見返りを一切求めない”覚悟でやらないといけないとは思います。
そうじゃないと、やはり活動をしていく中でそういうよからぬ気持ちが出てくるものだと思うから。
基本、人間はやったことに対する見返りは欲しいもの。
だから本当にそういう見返りを求めずに長年こういった活動をされている方というのは、本当に素晴らしいですね。

あと、このニュースで思ったのは、ハウル容疑者についてトー横の少年たちにコメントを求めると
「ご飯くれるおじさん」と言っていたこと。
32歳ということでおじさんなのは事実なのですが、あの見た目で「おじさん」とか言われているのを見ると、俺の中では結構ショックというか。
普段から若者と接する機会がないからなのかもしれませんが、ちょっとショックを受けました(笑。
あれでおじさんとか言われるなら、俺なんかはもう初老の域だなと。

ま、すでにおっさんであることはどうしようもなく、それを受け入れてはいます。
んで、そんなおっさんである以上、こういう若者たちを食い物にするようなことだけはしたくないなと。
未熟な若者につけ込んで生きるような真似はしないと誓います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました