プロに見てもらった結果は・・・

スポンサーリンク

前回のつづきです。
サイドブレーキを下ろし忘れて走ってしまった3日後。
修理予約を取ったディーラーに朝一で持ち込みました。
担当者に事の経緯を説明。
どんな見積もりがくるのか怯えつつ、席で待ちました。

30分後。
見てもらうだけなのにずいぶん時間がかかっているので、
「もしかしたらとんでもない状態になっているのかも・・・」
とますます怯え始めていると、メカニックの方が登場。
「どれぐらいの費用がかかるのだろう」なんて考えつつ、メカニックの方の話を聞いてみると・・・。
なんと「異常なし」とのこと。
予想以上に時間がかかって不安に駆られていただけに、めちゃくちゃホッとしました。

で、ついでなので詳しくこういうサイドブレーキの下ろし忘れについて聞いてみました。
すると、自分のケースは、
「おそらくちょうどサイドブレーキがかからない位置までレバーが下がっていたと思われます」
とのことでした。
いつものようにレバーを下ろしたけど、それが甘かった。
しかしそれがブレーキがかかる部分ではなかったと。

ちなみにサイドブレーキが完全にかかっていたら、「走り出したらすぐに違和感に気付きます」とのこと。
いつもと違うというかスピードが出ないので、すぐに分かるはずだと。
まぁ俺の場合は、そこらへんの感覚が普通の人より劣っているので、本当に分かるか不安なのですが(笑。
でもまぁ、メカニックの方がそう言っているのを聞いて、通常はハッキリと違いが分かるものなんだということを知りました。

そして最後に・・・。
異常なしとはいえ、お手間を取らせたのでメカニックの方に「いくらですか?」と言いながらサイフを出そうとすると、メカニックの方が「あ、いいです」とのことで無料でした。
どうやらこうやってチェックするぐらいなら、タダでやってくれるようです。
これはネットでも似たような事例を見たので、まともなディーラーならこういう対応をしてくれるようです。
こちらとしては手間をかけさせただけに申し訳ない気持ちでしたが・・・。
更に「コレどうぞ」とウエットティッシュBOXもくれました。
朝っぱらから手間をかけさせた上に景品をもらっていることに、我ながら
「なんてめんどくせえ客なんだ」
と思いました(笑。
まぁ何にせよ、タダで見てくれたのは本当にありがたかったです。

ということで、もし俺と同じようにサイドブレーキを下ろし忘れて走ってしまったという方がいたら、早めにディーラーなどで見てもらうことをオススメします。
異常がなければ、おそらく無料で済むと思うので。
不安を抱えたまま走るよりは絶対にいいです。
特になにか不具合が発生していたら、とんでもないことになりかねませんし。

また基本的にはサイドブレーキの上げ下げも、普段からしっかり意識して行わなければならないとこの件で思い知りました。
慣れで何となくやるのではなく、引く時はしっかり引き上げる、下ろす時は完全に下まで下ろしきると。
これを常に意識することで、サイドブレーキを下ろし忘れることはなくなったので、今後もこれを忘れず徹底していこうと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました