また準備していたものが かえって仇となりましたよ・・・

スポンサーリンク

5月5日のきのう。
家族の分も含めた昼食を買いにマックへ行きました。

いつも自分一人の分なら店に入る前に何を注文するか決めておくのですが、この日は家族の分もあったので、忘れないためやレジでパニクらないように家でメモを取っていきました。
で、使えるクーポンがあったので、それもチェックしていたのですが・・・。
ふと思ったのですよ。
「あ、これメモにクーポン番号を控えていけば楽だな」
と。

どういうことかと言うと、だいぶ前のクーポンはスマホ画面をスキャンする方式でしたが、いつからかそれがなくなり番号が表示される状態になりました。
だから事前に番号をメモに控えて、それを伝えるのが一番手っ取り早いと考えたのです。
で、他店なんですが、ロッテリアなどではこの方法をやっていました。

店に着き、メモとポイントカードや電子マネーを手元に用意してレジへ。
クーポンを使いたい旨を伝え番号を伝えると、店員さんから
「見せて下さい」
と言われました。
このとき対応してくれた店員さんは超ベテランの方で、俺が学生時代のころから働いている女性。
単なる店員と客というだけで別に親しい間柄ではありませんが、長年顔を合わせているということもあり、俺はこの「見せてください」をこう捉えました
「このメモを見せれば、後はそれを見ながらレジに打ち込むよ」
という意味合いだと。

だから、差し出したのですよ、ミミズが這ったような字で書いたメモを。
しかし店員さんは受け取りません。
この間、20秒ぐらいでしょうか。
ここで俺もなんか変だと気づいたら、店員さんから
「スマホの画面を見せて下さい」
と言われ・・・。
汚い字で書いたメモを出したことによる恥ずかしさや、スマホを見せなければいけないことに俺は動揺しました。
スマホが古いため、準備していない状態からアプリを立ち上げるのは時間がかかるのです。
でもここから引っ込めるわけにもいかないから、とにかく急いでクーポンの画面を出して注文を終えました。
このとき、レジが混む前で後ろにお客さんがいなかったのが幸いでした。
こんなのをやっている客がいたら、俺ならブチギレそうです(笑

というわけで、俺の狙いは失敗。
かえって面倒くさいことになり、かかなくてもいい恥をかいただけに、家に戻ってから
「別にスマホ画面を見せなくても、番号だけでいいと思うけどなぁ」
とボヤきながらクーポンの画面を再確認してみると・・・。

ちゃんと提示してくださいって書いてありますね。
毎度のことながら俺が間違っていました(笑。
今後はしっかりスマホを準備した状態でレジに行くとします。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました