個人での特攻がここまでの破壊力を持つとは・・・

スポンサーリンク

「大阪王将」厨房はナメクジだらけ?元店員が告発 保健所は立ち入り検査「見つからなかったが清掃など指導」

いやあ・・・。
今は一個人でも本気で差し違える覚悟があるなら、ここまでのことが出来るのですね。
告発した元店員さんは顔も出していて、Twitterでも徹底抗戦の構え。
いや、本当にマジですげえなと。
俺だったら訴えられることを考えてしまって、こんなことは出来ません。

んで、ナメクジが居ただけでも気持ち悪いのですが、致命的なのは野良猫を飼っていたということ。
これはさすがになんぼなんでもありえないでしょう。
自分ちで飼うのとはワケが違うのですから。
猫に罪はなくいくら可愛いにしても、店内に住まわせていただけでもアウトで、店長や責任者がそのヤバさに気づいていない時点で終わっています。
衛生管理に対しての姿勢があまりにも杜撰。

こういう店の場合、まともな感覚の人間がその職場に入ったら、おそらく「この店ヤベー」と感じてすぐに退社する流れなのだと思います。
ここで働くことは出来ないと。
で、大半は黙ってやめるだけで、こういう告発はしません。
関わるだけ無駄だと思うし、自分のことで手一杯だから。
だから不衛生なままの状態が改善されず、潰れない限り店が続いてしまうのですよね。

それと、ここまでひどいとなると、上の人間に何を言っても聞き入れてもらえないレベルなのかなと。
何かしらの進言をしても、「なに言ってんの、これぐらい大丈夫だよ」とか。
んで、それがルールになってしまうと、周りにいる人間も「これが当たり前なんだ」となるから、一人だけで頑張っても無意味なんですよね。
お客様にきちんとした料理を提供したい気持ちはあるけど、そのためだけに自分一人がサービス残業をして掃除し続けるのも現実的ではないですし。
そのため、こういうのに気づいても黙って辞めていくだけなのですよね。

ちなみにこの元店員さんも店の窮状を大阪王将本部に報告したそうですが、放置されたとのこと。
こういう対応されると、心って折れますよね。
正しいことをしているのに相手にされない空しさは、俺も経験があるだけに痛いほど分かります。

というわけで、この告発をした元店員さんは本当に凄い覚悟だなと。
よほどの怒りがあったのでしょうが、ここまでやれるというのは、まぁそうそういないでしょうね。

ただ、一つ気になるのが、この話の落としどころ。
ここまで店が汚いっていうのは大問題ではあるのですが、その後掃除もされて保健所も入って「指導しました」ってなると、後はどうなるのかなと。
なんらかの健康被害が出てたとかなら話は別ですが・・・。

今後は企業側もガチな対応をしてくると思うだけに、元店員さんが心配です。
塩をかけられたナメクジのようなことにならなければいいのですが・・・。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました