正直“こんなのあり得るのか・・・”と思った出来事

スポンサーリンク

蔵王に泊まる時に必ず食べたくなるのが、大八精肉店のささみチーズ。
酒のつまみに食べるのが好きなので、昨年の10月上旬、3泊し翌日の午前中、仙台に帰るまえに寄っていくことにしました。

遠刈田温泉街の無料駐車場に車を停め、そのまま店へ。
この日は霧雨が降っていたため、傘を差して向かいました。

店に着き店内に入り、惣菜ケースを確認するとお目当てのささみチーズが1本残っています。
これが食べたくて来たのでホッとしました。
店員のおばちゃんにささみチーズ(180円)と豚メンチ(150円)を注文。
お金を払っていつもどおり受け取るだけとなったのですが・・・。
待っている間、なにか違和感を覚えました。
「あれ?なんか変だぞ・・・」という違和感を。

で、最初はこの違和感がなんなのか、まったく分からなかったのですよ。
これまで何回か来ているお店。
今回は2年ぶりぐらいになりますが、特段変なことはしていませんし、店員のおばちゃんにも普通に注文が通っています。
だから本来なら違和感を覚えるような場面ではないのです。

が、しかし。
明らかに何かが変。
レジ前にて「これは何だ?」と頭を捻っていると・・・。
違和感の正体が分かりました。
それは頼んだささみチーズと豚メンチが、持ち歩いて食べる紙に挟まれた状態で置かれていること。
「ん?ん?」と焦りました。

このとき。
俺は一人で店に入りました。
外で連れが待っているわけではありません。
で、注文したのは揚げ物2つ。
それで持ち歩いて食べる紙に惣菜を入れてくるって、ちょっとあり得なくないですか。

んで、更に言うなら先に述べたようにこの日は霧雨が降っているわけですよ。
この状況で一人で来た人間が惣菜2個を持ち歩きながら食べるというのは、まずしないと思うのです。

まぁアレです。
俺の格好はショルダーバックを背負っているだけの状態。
この日は土曜日ということもあり、温泉街を散策しているように見えなくもないです。
また俺は太っています。
そのためペロリと2個平らげそうに見えたのかもしれません(笑。

とはいえこのときの俺はここまで考えが回るような状態ではありません。
思考が止まりかけていて、かなり焦っている状態。
「すぐに食べます」なんて言ったわけではないのに、持ち歩き用の紙に揚げ物を挟まれているという状況にパニックでした。
こんなのでパニックになる男ですいません(笑。

んで、とりあえず俺が取った対応は、ショルダーバックからプラ袋を出すことでした。
このまま持ってはいけないから、まずは袋に入れて持ち帰るしかないと。
するとその様子を見ておばちゃんが「袋に入れましょうか?」と聞いてきました。
もうプラ袋を出していたこともあり「いえ、いいです」と断ろうかとも思いましたが、まぁ入れてもらった方が間違いがないと思いお願いしました。

しかし、おばちゃんが出した袋は、あのスーパーのサッカー台にあるリール式のポリ袋。
まぁ袋がもらえないよりはいいのですが、なにか引っかかっていました。
が、このときは情けないことに頭がいっぱいでそれ以上考えることも出来ず、小さいポリ袋に揚げ物2つを入れて店を後にしました。
車に戻り家に帰る道中、なんか心がずっと引っかかっていましたね。
「なにがいつもと違うのだろう」と。

そしてですね、家に帰ってようやく気づいたのですよ。
いつもと何が圧倒的に違っていたのか。
答えは簡単でした。
それは
“これまではプラスチック容器に入れてくれた‘
ということ。

以前はこのおばちゃんも含め、他の店員さんもプラスチック容器に入れてくれていたことを思い出しました。

だからなぜ今回はポリ袋だったのか考えてみると・・・。
この店に来るのはおよそ2年ぶり。
その間に何があったかというと、小泉進次郎氏によるプラ袋の有料化(笑。
そういった諸々の事情で、もしかしたらプラスチック容器は使わないようにしたのかなと思いました。

でもさすがに揚げ物2個を持ち歩くのはしんどいですし、家に帰って食べるのなら以前のようにプラスチック容器に入れてほしいなと感じた次第。
もちろん、プラスチック容器だとお金が必要だというなら払います。
30円ぐらいまでなら出します(笑。
またいずれ買いにいくと思うので、そのときは心の準備をして望もうと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました